『TYPICA』のキャッチコピー「音楽が好きだから」に込められた意味

Spincoasterからリリースしました、音楽情報ポータルアプリ『TYPICA』。

App Storeのオススメアプリにも選ばれ、公開から3週間で1万DLを越えました。
各所から色々と反応をいただき、有り難い限りです。これからもっと使いやすく、便利にアップデートされていきます。

多分、今後TYPICAについて色々とブログが更新されるかと思いますので、ぜひアプリでブログの更新もチェックしてください。
TYPICA公式サイト

今回は私からTYPICAリリース時におけるキャッチコピーについて、ブログを書いた次第です。

typica_pv_thumb-1

“音楽が好きだから”

正直ここのキャッチコピーはめちゃくちゃ揉めました。ストレートで、抽象的で、ちょっとこっ恥ずかしい感じもありますが、あえてこの言葉を選びました。

まずはこのアプリが誰のためにあるのかを説明しなくてはなりません。

私たちがTYPICAでハッピーにしたい人たちと言うのは、音楽情報の収集や音楽を探しているような音楽リスナーだけではありません。

アーティスト、アーティストを支えるスタッフ、音楽メディアの人、ブロガー、イベンター、ライブハウス、小売店…大きく言ってしまうと音楽に関わるすべての人達をハッピーにしたい。そんな想いで開発し、今後もアップデートしていきます。

・メディアやブログの記事が、1人でも多くの人に届くこと。そしてメディアの読者が増えること。
・素晴らしい音楽を作っているアーティストの音楽が多くの人、影響力のある人に発見されやすくなること、そして広がり、売れていくこと。
・TYPICAきっかけでイベントがあることを知ったり、イベントに興味を持って足を運ぶ人が増えること。

….などなど、挙げれば切りはないのですが、特にメディアやブログに対しては本当に思うところがありまして。(2年前のTHIS TIMEの藤澤氏とLUCKY TAPESの対談記事と合わせて読んでいただくとより分かるかと思います。)

この記事にもある通り、この数年で本当に国内の音楽ブログが減ってしまいました。本文にある通り「反応がない」ことが、ブログを書く人のモチベーションを維持することを難しくしているのだと思います。

私もメディアを運営している立場なので良くわかります。自分の書いた記事が多くの人に読まれたり、何か一言もらえるだけでめちゃくちゃ嬉しい。逆に何も無ければ、「一体誰のために書いたんだろう?」と無力感でいっぱいになります。SNSで情報は発信・拡散されやすくなりましたが、情報源が多岐に渡り、受け手が捌ききれず、結果素通りしてしまう。そんな感じだと思います。

さらに個人ブログになると母数も少なくなり、読んでくれる読者の数というのは本当に限定的になってしまいます。そんな中でも今尚、ブログを続けるモチベーションってどこから来るのでしょうか……?

ここでキャッチコピーに繋がります。
みなさん、きっと“音楽が好きだから”だと思うんです。

そして、この気持ってブロガーさんだけじゃなくて、音楽に関わる全ての人達にとって一番根本にあるものじゃないかなって。

アーティストだって、音楽業界で働く人達だって、お金のためだけならもっと割の良い仕事や働き方があるはずです。赤字を出してでもイベントを続けるイベンターだって知っています。

リスナーだってそう。今やCDを買ったり、音楽にお金を払う人は珍しいと言われる時代。ライブ行きすぎて金欠になって困っている人もいっぱいいます。

何を言われようが、苦労しようが、みんな音楽が好きだから仕方ないんです。もちろんTYPICAを開発した我々も例外ではありません。単にビジネス目的だけでアプリを作るなら、もっと良い方法があると思います(笑)

という訳で、そんな音楽と共にある人たちの力になりたい、そんな人達をどんどん巻き込んで一緒にTYPICAを大きくしたい。そんな想いでこの言葉を選びました。

そしてもう一つ。TYPICAのサイトの”音楽が好きだから”の下にはこんな言葉を添えました。

“みなさんが音楽から離れることなく、もっと音楽が好きになれますように。”

これは私を含めSpincoasterの主要メンバーがみんな今年30歳になったのですが、昔は音楽が好きだった友達も、歳を重ね家族ができ、フェスやライブから足が遠ざかり、どんどん音楽から離れていくという現実を目の当たりにしています。これは本当に寂しいことです。

しかし、話を聞くと、音楽が嫌いになった訳ではなく、仕事や家庭で忙しくなって優先度が下ったり、情報を集める暇がなかったりとか、そういった意見が殆どです。

そういう人にこそ、このアプリを使って欲しいと思っています。毎日このアプリに触れていたら、音楽がもっと好きなったり、音楽がもっと楽しくなったり、音楽から離れにくくなるんじゃないかなって割と本気で思っています。

TYPICAのダウンロードはこちらから↓

typica_b_banner

ソニーの真髄が存分に味わえる「It’s a Sony展」に行ってきた

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-4-02-57

昨日からソニービル銀座で展示会「It’s a Sony展」が開催された。
日本初のトランジスタラジオや初代ウォークマンなど、これまでのSonyの歴史が分かる製品約730点が展示されており、ソニーが歩んできた歴史を振り返ることができる。

筆者自身、Sony製品を通じて人生に大きな影響を受けたことから、ここぞとばかりに初日から行ってきた。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-4-25-08

展示は1階からスタートし、まずは雑誌POPEYEとのコラボ企画がある。ここではPOPEYEゆかりのゲストたち(ピエール瀧さん、藤原ヒロシさん、コムアイさんを始め著名人10人)の”My Favorite”なソニーのアイテムが展示されている。

cxcdbqtvqaefpp_

2階から4階は、1946年のソニーの前身である「東京通信工業株式会社」の誕生から70年の歳月を経た、歴代のアーカイブが1940-1950s、1960s、1970s、1980s、1990s、2000sといった感じで10年区切りで一同に展示されている。ここでは個人的に良いと思ったモノだけを厳選して掲載しておく。

img_7153
img_7179
img_7142
fullsizerender_1
img_7164
img_7151
img_7161
img_7188
img_7194
img_7169
img_7191
img_7198
img_7223
img_7245

冒頭にも記載の通り、約730点もの展示がされており、写真では全部をカヴァーしきれないが、会場では参加者の「これ持ってた」「懐かしいこれ」という声が多く飛び交っていた。

5階のスペースにはスクリーンがあり、ソニー70周年の映像が流れていたが、これがなんとも心躍る素晴らしい映像だった。YouTubeにも公開されていたので、是非こちらもご覧頂きたい。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-3-59-49

展示全体を通しても感じたことだが、いくら時代が変わってもかっこいいモノはかっこいい。
昔のソニー製品をただ懐かしんで見て回るのも良いが、個人的には、常識を覆してきたソニー製品が生まれるまでの歴史や、その製品を届けるためのキャッチコピーなどを通じて偉大な先人に学ぶことがたくさんあった。これからの未来を創っていく全てのクリエイター必見の展示なので、是非ソニー銀座まで足を運んで欲しい。

【It’s a Sony展】
・会期 
Part-12016年11月12日(土)〜 2017年2月12日(日)
Part-22017年2月17日(金)〜 2017年3月31日(金) 
※ 2017年1月1日(日), 2月20日(月)は休館日となります。

・会場
東京都中央区銀座5-3-1
ソニービル 1〜4F
開館時間 11:00〜19:00
※ 2016年12月31日(土), 2017年1月2日(月)・3日(火) 11:00-18:00
http://www.sonybuilding.jp/ginzasonypark/event/

【レビュー】低音好きがコスパ重視で使うのにおすすめの「JA40」

不定期に更新しているイヤホンのレビュー記事。今回紹介するのはJayfiの「JA40」。
Jayfi社の方から提供頂き、レビューすることとなった。

・これまでレビューしたイヤホン
http://blog.spincoaster.com/category/review/

梱包箱はこのような感じ。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-11-07-12-56-36

箱から取り出すと、イヤホンとイヤホンピース、ケースが入っていた。
グレーにワンポイント「JAYFI」とケースのデザインも良い感じ。

61kxbd72eml-_sl1500_

イヤホンを手にとってみると、まず重厚感に驚いた。
このイヤホンの開発にはBeatsの元エンジニアが携っており、パーツの組み立てもエンジニアの手により一つずつ仕上げられているということなのだが、イヤホンピースを外した状態でよく観察してみるとその精巧さが伺える。特に曲線が非常に美しい。

earphone

細かい仕様等は以下にまとめておく。

pimeydt7os-_ux960_ttw_
wurd2el1tno4-_ux300_ttw_

[各部名称]
①電気メッキ ブリリアンス 後ハウジング
CNC精密に加工し、穏やかな音質を提供します。

②アルミニウム製の前ハウジング
厳しく本体の重量を配分し、快適な手触りが感じられます。

③9MMドライバー素子
何度も厳密に調節し、素晴らしくブロードバンド解析できます。

④エコTPE線材
よい粘り強さで抵抗のバッファも強く、耐久性の高いケーブルになっています。

⑤304ステンレス網
優れたステンレスで錆びと異物を防止します。

⑥医療用シリコン素材を使用したイヤーピース
高密度な医療用シリコン素材を使用したイヤーピースにより、
高い遮音性を得ることが出来ます。

[主な仕様]
ブランド名:Jayfi
型番:JA40
商品特性:カナル型金属ハウジングイヤホン
装着タイプ:カナル型
種類:有線型
プラグ直径:3.5mm
プラグ形状:ストレートI型
コード長さ:1.2mm
周波帯数:20-20000Hz
インピーダンス:18Ω
ドライバ-ユニット直径:9mm
感度:118±3dB

◆「JA40」の主な仕様・音質について
5,000円ほどのイヤホンとは思えないほど低音がしっかり出ており定位も安定していた。

◆装着感について
ランニングや移動等には不向きだと思うが、屋内でじっくり音楽を楽しむには良いと思う。

◆最後に
洗練されたデザイン、音質のクオリティーから考えて値段を知らずに使用したとしたら、1万円くらいはするように感じていたと思う。
それくらいに、コストパフォーマンスが高いイヤホンであるので、特に低音重視でコスパを求めてイヤホン選びをしているリスナーには是非おすすめしたい。
定価は5,000円ほどだが、現在amazonでは3,000円以内で購入可能である。

http://amzn.to/2dwLY64

渋谷FabCafeでの選曲をSpincoasterが担当

渋谷道玄坂上に位置するFabCafeという場所をご存知だろうか?
開放感溢れるスタイリッシュな空間で、こだわりの珈琲や軽食を楽しみながら、ワーキングスペースとしても利用できる。

fabcafe_main
20178113790_c0615a1f4c_c

FabCafeでは、レーザーカッターやカッティングマシン、3DプリンターやUVプリンターなどを使って、誰でもすぐにひらめきを形にできる場所なので、クリエイターの方であったり、新しさや刺激を求めて来店するお客さんでいつも溢れている。

・FabCafeに常備されている機材

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-01-17-37-33

そんなFabCafeのコンセプトや、新しいことを次々と取り入れる姿勢に元々共感しており、そんな中たまたまお会いした経営者の方とも意気投合したことが重なり、11月から、まずは店内BGMの選曲をSpincoasterで担当するという形でコラボさせて頂くこととなった。

FabCafeのブログにもその旨が記載されている。
http://fabcafe.com/tokyo/blog/spincoaster?lang=ja
特に注目頂きたいのは、以下の部分。

====================================
1.FabCafe店内の音楽が変わります。カフェとして心地よい空間を演出するのはもちろん、国内外から多くのお客さんが新しさや刺激を求めて来店するFabCafeだからこそ、新鮮なクリエイティビティーを感じる音楽を日本人のフィルターを通して世界に発信していきたいと思います。

2.定期的な音楽イベントを実施します。でもFabCafeでやるからには普通の音楽イベントにはなりません。音楽xモノづくりxテクノロジーxフードxコミュニティーなど、あらゆる体験を音楽で融合させる、そんなイベントを企画していますのでお楽しみに!

3.世界に広がるFabCafeのグローバルネットワークを通じて、ミュージシャンやアーティストの活動を世界に発信していきます。世界のFabCafeを巡るライブツアーも実現可能です。
====================================

3の部分は、バルセロナ、台北、シンガポール、バンコクなど世界に展開しているFabCafeならではのアプローチなので日本の若い才能あるアーティストを世界に広げていくきっかけを作るためにも実現していきたい。
今回のコラボにあたって、自分からは以下のようなコメント寄せさせて頂いた。

====================================
FabCafeでの居心地の良い空間を演出する五感を刺激する要素として、聴覚部分に相当する店内音楽でお力になれると思い今回コラボさせて頂きました。 スピンコースターは、独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介する音楽メディアです。テーマや場所に合った、音楽キュレーションも得意としております。 我々の選曲が、新しさや刺激を求めて来店するFabCafeのお客様にインスピレーション(=第六感)を与えられれば幸いです。

株式会社Spincoaster 代表取締役 林 潤
====================================

是非今後のSpincoasterのFabCafeとの動向も楽しみにして頂きたい。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-11-02-11-53-55
%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-11-02-11-53-24

<11月のおすすめ音楽>
「The Inspiration on November」

f1ce1927f10d3560aeb7a23bbf501c2a-1

HYPER POP CLUBのWONDERVERで涙した話

10.23(日)にWWWXで開催した『HYPER POP CLUB』無事に終わりホッとしております。ご来場いただいたみなさま、ご出演いただいたアーティストのみなさま、そしてご協力いただいたスタッフやWWW Xの会場のみなさま、本当にありがとうございました。

共同開催したbrinqのステージもまさに大団円!という感じで多幸感溢れる素晴らしいラストを飾ってくれました。開催してよかったと心から思います。

主催者がこういう個人的なことを言うのははばかられるのですが、あくまでも個人的な想いとしてこの日のWONDERVERについて書かずにはいられませんでした。

イベントの中で、私の中でのハイライトはWONDERVERの「B E A M」の瞬間でした。動画が上げられているので、その模様はこちらからご覧いただけます。

ちなみにWONDERVERとは出逢ってから1年半くらいになるのですが、インタビューやライブなどでSpincoasterとしても、私個人としても比較的密に付き合ってきたバンドです。
SpincoasterのWONDERVER関連記事

WWWXの音響・照明の素晴らしさは予てから知っていましたし、WONDERVERにとって最高のステージになることは予想しておりました。しかし、WONDERVERがあれだけの輝きを放ったのは、決して会場の力だけではないということを私は伝えておきたいのです。

この日のステージは、WONDERVERのフロントマンである相澤龍伸のこれまでのアーティストしてのこだわりや苦悩が大舞台で結実した結果なのです。

私は事前に各アーティストとセット図や当日のセットリスト等のやりとりをしていたのですが、WONDERVERから展開される資料の多さに驚きました。

・ステージセット図
・当日演奏する全楽曲のデモ音源
・全曲の歌詞と構成
・音響、照明さんへのオーダー

と、とてもきめ細かい資料が送られてきました。このクラスのインディーズのバンドでこれほどの資料を送ってきた人は過去いません。

本人に許可をいただいたのでBEAMのみ掲載させていただきます。

beam-lylics
wonderver-10_23-002

これが全曲分あるのです。

もちろんこれは、VJのJOEさん(@jmworks)にも事前に展開しました。しっかりと世界観が出来上がっているため、JOEさんも「あまり余計なことはやらないほうが良いかな?」と気を使われていましたが、相澤氏の要望で「思いっきりやって下さい!」とお願いをしました。

あれだけしっかりした資料を見て「好きにやってくれ」なんて言われたら、スーパーVJのJOEさんが燃えないハズがありません。それは動画の後ろに流れる映像を見ればお分かりかと思います。シンセのリフとタイトルをMVの映像とシンクさせるアイデアとか最高過ぎます。(映像内1:54〜)

当日のリハ中もリハ後も舞台監督やPAさんと納得行くライブができるように、コミュニケーションを図るその姿も見ていました。

その結果、WWW Xという国内最高レベルのステージに百選練磨のPAさん、音響さん、そしてVJのJOEさんがプロフェッショナルとして相澤氏の想いに応え、その中でWONDERVERにとって、大きな覚悟と希望を込めた渾身の1曲である『B E A M』が大爆発した。あの瞬間に、私は歓喜し、涙しました。

wonderver2

Photo by のうだちなみ(@0813Tinami

このバンドは絶対に、まだまだ行ける。多分WONDERVERをずっと見てきた人達は同じこと思ったのではないでしょうか。大きなステージでプロフェッショナルと共にあることで、WONDERVERは大きな輝きを放つバンドだということを私はもう一度、確信しました。

そして、なんとその後に自分たちのMCで、イベントの主催者であるbrinqのフジシマ氏とSpincoasterの林と私をステージに上げ、3人に一言ずつ喋れという無茶振りをかましました。「このために5分とってある」と。

eli_k2xz

Photo by のうだちなみ(@0813Tinami

相澤氏曰く、「こういうコンセプトとか目的を持ったイベントなのに主催者が出てこないことって多いじゃないですか?あれ、意味が分からないんですよね。何も知らずに好きなバンドだけ見に来て帰っちゃうお客さんもいると思うし、ちゃんと伝えた方がいいと思うんです。」と。

何年か前に鹿野淳さんの音小屋という音楽ジャーナリスト養成講座の実習で新木場のスタジオコーストでイベントを行ったのですが、「イベントの最後にお客さんに挨拶しろ」と、鹿野さんに、無茶振りされたことを思い出しました。
たくさんの人の前で話すのは、めちゃくちゃ苦手なんですが、ステージから見るお客さんの顔って本当に素晴らしいんです。あの景色をまた見せてくれありがとう。

そして、イベントが終わった後にSpincoaster Music Barでハイテンションでひたすら、焼きそばとオムレツを作り続けた相澤氏。あとリンゴも剥いてくれました。
その後、朝5時に「スポッチャ行きましょう!お台場!!」とか言い出すし、マジで謎なんですけど、やはりこの男は只者ではない。これからの活躍、大いに期待しています。