『LINE着うた』で自分好みの呼出音!「ただ聴けるだけじゃん」で終わらない音楽聴き放題サービスの誕生

先ほど新たにLine Musicで『LINE着うた(呼出音)』というサービスが発表されました。

・あなたの好きな楽曲をLINE無料通話の呼出音に設定しよう!(設定方法も記載されています)
http://music-mag.line.me/ja/archives/64687608.html

このサービスを利用することで、
「LINEで電話をしてきた相手に自分が設定した音楽を聴かせる」
ということができます
(※現在はいわゆるガラケー時代の「待ちうた(RBT)」機能で、今後は「着うた」のように着信音としても使えるようになるみたいです。)

国内の音楽聴き放題サービス(音楽サブスクリプション)といえば、Apple Music、KKbox、AWAなどで、どのサービスも、お金を毎月定額支払うと数千万曲もの音楽が『聴き放題』という中で、それぞれサービスの差別化を行っていました。しかし、音楽が『聴き放題』ということ以外の機能はどうしてもパンチ力に欠けていて爆発的に有料会員数が増えるということは現状起こっていませんでした。

これだけYouTubeやスマホが広がった今の世の中で、『音楽が聴き放題』といわれても、若者(特に学生)からすれば、
「ただ聴けるだけじゃん」
というのが正直な感想であって、無料で楽しめるYouTubeを聴くだけで満足し、音楽聴き放題サービスに対してお金を払う人というのはどちらかというとモノ好き(コアな音楽ファン)の部類に入る人達だったのだと思います。

それもそのはず、インターネットやスマホが普及する前は、音楽(CD)を買うことによって友人と貸借をしたり、カラオケブームの時にはCDとセットになっている歌詞カードで歌を覚えて友人の前で披露する。というコミュニケーションが今より頻繁に起こっていました。

「CDに対してお金という対価を払った先に、友人とのコミュニケーションが捗ることが約束されている」状態が作れていたので、コアな音楽ファンでなくても音楽を購入し、CDのミリオンヒットも今より頻繁に起こっていたのだと思います。(このあたりについては、以前の記事に詳しく書いていますので参照ください。「米タワーレコードの栄枯盛衰を描いた映画「ALL THINGS MUST PASS」を観て考えたこと」)

全世界的にCDのパッケージ市場が低迷していく中で、日本ではガラケー時代に「着うた」「待ちうた(RBT)」という発明がありました。

「着うた」「待ちうた(RBT)」という対価を払った先に、周りにいる友人に着信音を聴かせることで「今のって○○の曲だよね?」というやりとりが発生したり、自分に電話をかけて来た相手が「今の音楽どうやって設定したの?」と聞かれることがしばしばあることで、対価を払うことに対してコミュニケーション欲が満たさせる満足感がありました。音楽業界的には、着うたで先に話題を作ってからCDをリリースするということも行われており、音楽ヒットに大きく貢献していました。

今のスマホ時代にどうすればこのような状態を作れるのかということを考えていましたが、この「LINE着うた」は一つの答えのように思います。しかもこのサービスは、日本国内においては、
「国民から日常的にコミュニケーションツールとして利用されているLINEにしかできないサービス」
です。前述のApple Music、KKbox、AWA、海外で最もユーザーを獲得しているSpotifyでさえも真似することは難しいです。自社のサービスの強みを最大限に生かすことができるサービスだと思います。

LINE MUSICによる、「ただ聴けるだけじゃん」で終わらない音楽聴き放題サービスの誕生で、今後のスマホ時代の音楽市場がより大きなものになっていくことを願っています。

米タワーレコードの栄枯盛衰を描いた映画「ALL THINGS MUST PASS」を観て考えたこと

音楽ビジネス、さらにいうとCDビジネスに携わっている方には特に必見の内容の、米国タワーレコードの歴史を描いたドキュメンタリー映画「ALL THINGS MUST PASS」を紹介します。

タイトルである「ALL THINGS MUST PASS(万物は流転する)」のように、
1960年に米国タワーレコードが誕生し、店舗の世界展開を拡大しCDバブルの到来と共に1999年には10億ドル以上を売り上げ、その5年後には日本を除くすべての店舗を閉じ破産申請をするまでを、創業者のラス・ソロモンはじめ、得意客であったエルトン・ジョン、元ワシントンDC店店員だったデイヴ・グロール(元Nirvana、現Foo Fighters)など長年TOWER RECORDSを愛してきたアーティストのインタビューなどを交え描かれています。ここでは、自分がこの映画を通して感じたことや考えたことを書きたいと思います。

タワレコのコンセプト:「人との交流と買い物」

作品内でも描かれているように、米タワレコは「人との交流と買い物」をコンセプトとして展開していました。タワレコに服装規定はなく当時の店員は「迷惑をかけない限り好きにやれた」と楽しそうに語っており、客側もタワレコに行くことが「まるで友人のよう」と表現しています。
「街に来て途方に暮れたならまずタワーレコードに行く。店員と客は互いの好みを知り音楽を学び、一緒にレコードを漁る。」
タワレコのコンセプトと自由な社風が、このような店員と客との音楽を通じたコミュニケーションを生み出していました。特に試聴室を使用していた時代では「試聴室の中でイチャつく人たちも多かった」とあるように、タワレコという場所が、客同士のコミュニケーションという点でも機能していたように思います。

店に行かなくても音楽が買える時代の到来

現在では、スマホ、mp3、サブスクリプションサービス(Spotify、Apple Musicなど)、amazonなどの普及により、スマホで音楽がいつどこでも買えて聴ける時代になりました。タワレコのコンセプトである「人との交流と買い物」のうちの「買い物」に関して、基本的には(店頭でしか買えない限定商品を除いて)インターネットで代行できるようになってしまいました。「人との交流」というのは店舗でしか実現できないものがあるのでインターネットより強みがあるとすればその部分だと思います。

何故日本には85店舗が継続して展開されており、アメリカでは閉鎖したのか?

多くの方が答える質問の回答として、
「アメリカでCDが売れなくなったから」
というのがあります。

「何故CDが売れなくなったのか?」の説明になっていないので、個人的にはこれではまだ理由として不十分だと考えています。
『CDを買うことが人とのコミュニケーションツールとして機能しなくなってきたから』
という方がより正確な説明だと考えています。

日本ではこれまで海外にはなかった革新的な発明を3つもしています。

①「カラオケ」
(カラオケ全盛期時代は特に)カラオケでヒットソングが歌えないと人とのコミュニケーションに支障をきたす。(当時はネットにも歌詞が載っていなかったので)歌詞を覚えるためにCDを買う
⇒人前で歌うというコミュニケーション

②「着うた」
自分の好きな楽曲を着信音に設定して他人に聴かせる。設定しているうちに気に入ってフル音源を聴くためにCDを買う
⇒人に聴かせるというコミュニケーション

③「握手券」
本人と握手するためにCDを買う
⇒本人と握手できるというコミュニケーション

これらはいずれも人とのコミュニケーションというのがきっかけになってCDを購入しています。最近の例だと、例えば「LINEスタンプ」で有料のLINEスタンプを購入している人というのは、物欲、所有欲、コレクション欲、ほとんどの方はこれらが理由で購入していません。多くの方は「相手に送ってあげたいから。」というコミュニケーション欲で購入しているのだと思います。人とのコミュニケーションには時代に関わらずお金を落とすので、日本では、今まで起こった時代の変化にも根強いCD文化を維持(②に関しては、着うたという別の音楽市場が維持できたという方が意味合いとして強いですが。)できたのだと思います。

「ALL THINGS MUST PASS(万物は流転する)」が起こったとしても、その時代に合わせて、
『人とのコミュニケーションツールとして機能する音楽商品を扱う、もしくは空間を提供する』
ということができていれば、米タワレコは存続できていたのかもしれません。
作中で創業者のラス・ソロモンが語っていた、
「とにかくCDやレコードの在庫をたくさん用意、タワレコには音楽が何でも揃っている」
という強みは、時代と共にインターネットに置き換わっていったように思います。

タワレコ渋谷店ではカフェを併設しておりますが、これはまさにコミュニケーションのための空間を提供しているのだと思います。「人との交流と買い物」というのが機能しやすくなります。最近のアパレルショップでは、同じようにカフェを併設していることが増えてきましたが、同様の理由があるように思います。

今後の音楽業界を盛り上げていくには

音楽業界が違法DLを取り締まったりする中で、今はなきCCCD(コピーコントロールCD)というのがありましたが、これは前述の、
『人とのコミュニケーションツールとして機能する音楽商品を扱う、もしくは空間を提供する』
に反していると思います。お金という対価を払った人たちに、その先に起こり得るコミュニケーションを制限しています。結果的に、対価を払った人はコピーを制限されて、違法DLした人はコピー制限はないという本末転倒なことになっていました。「北風と太陽」というイソップ寓話がありますが、「北風」的なアプローチは逆効果で、「太陽」的なアプローチをしていくことが必要だと思います。

では、現在のスマホ時代の中で、どういうアプローチをすれば音楽業界を盛り上げることができるのか?
それこそ「カラオケ」「着うた」でのコミュニケーション体験を、スマホならではの体験に置き換えることで解決できるように思います。

「カラオケ(人前で歌うというコミュニケーション体験)」では、そもそもカラオケ店でCD音源(原盤)を使って歌うことができません。最近、「まま音」というのも出てきましたが、これも結局はライブ音源なので原盤の本物の音源には敵いません。例えば、カラオケ店で自分のスマホアプリと連携(認証)することによってインスト音源(原盤)が歌えるようになるのであれば、そのアプリにお金を払う人はいるように思います。

また、「着うた(人に聴かせるというコミュニケーション体験)」でも、スタンプに音楽を貼って相手に送れたり、アプリの通知音を音楽にできたり、結婚式でショートムービーを作成した際に音楽をBGMとして流せたり(現在は著作権上の問題で原盤を流せないので。)、自分で作った動画に好きな音楽を貼りつけてWEB上にアップできたり、これらをユーザー側がお金を払ってでもやりたいと思っても、物理的にシステム側の問題であったり著作権上の問題でできなかったりします。自分が好きな音楽を友人に広めたい。お金を払ってでもやりたい。という層とうまく付き合う仕組みを作ることで新たな市場を生み出すことができるように思います。

最後に

「ALL THINGS MUST PASS(万物は流転する)」ということをこの映画を通して改めて考えさせられました。成功体験にとらわれず、現状維持をリスクと認識して、変化に対応していくということがどの業界にも必要だと思いました。ちょうど今世間では海外でリリースされて社会現象を起こしている「ポケモンGO」の話題で持ち切りですが、もし任天堂がハードウェアのパッケージビジネスだけにこだわっていたら、今のゲームは生まれていなかったと思います。(Pokemon GOは任天堂・岩田社長時代のエイプリルフール企画から始まった
「ALL THINGS MUST PASS(万物は流転する)」とはいっても、「変化するもの(テクノロジー)」「変化しないもの(コミュニケーション欲)」はあると考えているので、時代を通じて変化するもの変化しないものというものを見極めて、時代に合った変化をしていくことが重要だと思いました。

【レビュー】洗練されたデザイン、ランニングに最適。ワイヤレスイヤホン「sudio VASA BLA」

前回のイヤホン(earin)のレビューがきっかけで、同じくスウェーデン発のイヤホンメーカー「Sudio(スーディオ)」から発売された「sudio VASA BLA」を提供いただいたので、こちらのレビューも書こうと思います。

「sudio VASA BLA」は、ワイヤレスイヤホンなので当然イヤホンジャックはなく、左右のイヤホンはコードで繋がれているのが特徴です。

仕様は以下の通り。

======================================
▼ドライバ
形式: 10,2 mm口径 ダイナミックスピーカー
出力音圧レベル: 112 dB SPL @ 1 kHz
インピーダンス: 32 Ω @ 1kHz
※再生周波数帯域: 18 Hz – 23 kHz

▼仕様スペック
ハウジング: 複合素材・アルミニウム
仕上げ: ハイポリッシュメタルパーツ
形式: カナル型, Bluetooth 4.1
重量: 14 グラム(ハウジング)
有効範囲: 約10m
バッテリー稼働時間: 最長8時間(使用時), 10日(スタンバイ状態)
充電所要時間: 10分(クイック充電)・120分(フル充電)
======================================

音質を確認する際に特に注目したいのが「再生周波数帯域」という項目。
スピーカーやイヤホンを選ぶ際にはとても参考になる数値なので、もし知らないという方は是非この機会に覚えて頂くと良いと思います。

「再生周波数帯域」を一言で説明すると、「再生できる周波数(音域)」のことで、例えば、再生周波数帯域:18Hz-23kHzの場合、低音は18Hzまで、高音は23kHzまでという意味です。この値の幅が広ければ広いほど、性能が良いと言えます。

以前紹介したワイヤレスイヤホンearin(このイヤホンは左右のコードさえもないので使い勝手は圧倒的に良いです。)では、
再生周波数帯域:20Hz-20kHz
だったので、低音も高音もearinと比べると広い音域が出るイヤホンということが分かります。

以下に、個人的な視点で注目したところや考えたことなどをまとめてみました。

◆sudio VASA BLAの主な仕様について
機能はワイヤレスというところ以外、正直そんなに目立ったところはないのですが、なんといってもデザインが洗練されていてかっこいい。左右がコードで繋がれているため、例えばランニング前後の音楽を聴いていない時には、首にぶら下げておけるというのは便利だと思いました。

◆Bluetooth接続について
ペアリングボタンを押してからの反応がいまいち良くなかったので、改善が必要だと思いました。

◆装着感について
いわゆるスタンダードなシリコンのイヤーピースなので、特に違和感なく使用できます。

◆音質について
高音と低音に若干物足りなさを感じるものの、1万円代で購入できるワイヤレスイヤホンの中では圧倒的にコスパが高いと思いました。

◆最後に
洗練されたデザインの良さと、コスパの良さが特徴だと思います。ランニング時に使用するのが一番オススメです。

【ディスカウントコード】
このブログの読者の方限定のディスカウントコードを発行頂きました。
Sudio公式サイトで15%オフでご購入いただけます。(なお、送料は世界どこでも無料です)
コード: spincoaster15 
http://www.sudiosweden.com/jp/earphones/

Spincoaster DJ部で有益な練習をするための事前準備について

blogに登場するのは初めてです。こんにちは。
昨年末くらいから話していて、今年になってから本格的に指導したSpincoaster DJ部ですが、おかげさまで結構いい感じに毎回入部(一回でも遊びに来たら永久に部員としてカウントします)してくださるかたが多く、とてもうれしく思っております。

そもそもこのイベントを始めるにあたっての思いというか、狙いというか、は野島さんのポストを見て頂ければと思います。

DJをする人が増えたら音楽シーンの活性化につながると思う3つの理由。
http://blog.spincoaster.com/dj-player/

また、先日行われたSpincoaster Music Barのオープン1周年を祝うパーティー終了後に、強引にSpincoaster DJ部の副部長にした、キュレーターのdeidaku氏がつぶやいたこの完結極まりないツイートこそが、まさしくDJの楽しさです。もう本当に、どんなにカッコつけようと最終的にはやっぱりこれに行き着く気がします。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、本日の投稿では、そろそろ2度目3度目の参加となる部員の方も徐々に現れてきましたので、そろそろ練習するにあたって、各部員さまに合わせた音源の事前準備の方法をご提案した方がよいかな、と思いまして筆を取った次第であります。

もちろん、手ぶらでも問題なくご参加頂けるのですが、より楽しく、そしてより有益な練習をするためには、お好きな音源をCDかUSBメモリに書き出してきてもらえればと思います。
(一応、こちらでもいくつか楽曲を入れたUSBを準備しております)

ただし、使用機材はPioneerのCDJ850、DJM700になりますので、PRO DJ LINK機能(ひとつのUSBデバイスなどを、2台のCDJで同時に読み込める機能)はありません。
なので、USBの場合は同内容のものを2本以上ご準備頂いたほうが、より身になる練習ができるかと思います。

また、ポータブルHDDでも大丈夫なのですが、フォーマットの関係で読み込まないことがあるので、ご注意を。
基本的にはFAT16 / FAT32 / HFS+でフォーマットされたデバイスなら読み込めるらしいです。

もちろんPCでやる人も歓迎です。その場合は当たり前ですがそれぞれ必要なコントローラーやオーディオインターフェースなどの準備をお願い致します。
こちらでも一応DDJ-WeGO3というコントローラーは一台準備しております。

また、それに加えて、それぞれの目標に際して以下の準備をして頂けると当日、よりスムーズにことが運ぶかと思います。


【とにかく基本的な操作を覚えたい】

一曲終わったら次の曲を流す、というように、途切れなく音楽をかけ続けるというスタイルの場合は、特にBPMなどを考慮する必要もないので、とりあえずお好きな楽曲を上記のような媒体でご用意くださいませ。
基礎的な機材の使い方をお教えいたします。

【BPMを合わせて繋ぎたい】

この場合はまず用意する曲のBPMをある程度事前に把握してきてもらわないと、有益な練習ができないかと思います。
「BPMなんてわからねーよ」っていう方は、とりあえず無料のソフトであるScratch Live、もしくはSerato DJというソフトを使って、iTunesライブラリの曲のBPMを解析&書き込んでくれる方法がお手軽でオススメです。詳しくは下記URLの記事がとてもわかりやすいかと思います。

http://macwin.org/mac/scratch-live/

※iTunesライブラリが数万曲ある人は自動同期にさせるとソフトが落ちることがある(実体験)ので、手動同期で、少しづつやったほうが賢明です。
(数百曲ずつ解析させて終わったらソフト内から削除→また数百曲くらい同期、解析させて終わったらまた削除……というように)

※リンク先にも明記してある通り、特殊文字(MØの「Ø」とかBeyoncéの「é」とか)は文字化けする可能性があるので、そこだけ注意を(あくまで文字化けするだけでファイル自体には何も影響ありません)

【さらに上を(特にUSBを使おうと思ってる方向け)】

そもそも私も別にたいして上手くないわけで、上を目指す人にはもうただただ「頑張れ!」って言うしかないのですが、意外と知らない人も多いrekordboxのことだけ少し(知ってる人は流してください)。

PioneerDJが出してる無料ソフト(最近プレイヤー機能が付いて、それは有料)なのですが、こちらのソフトを経由してUSBメモリなどに書き込み、現場で対応してる機種のCDJに読み込ませると、BPMや波形の解析&表示が一瞬だったり、自動でアーティストごと、アルバムごとでフォルダを作ってくれます。
その他にもキュー/ループ・ポイントを事前に設定しておくこともできます(対応機種による)。

https://rekordbox.com/ja/

書き出し方は使ってみればわかると思いますが、rekordboxを立ち上げて、iTunesから楽曲をドラッグ&ドロップなどでぶち込み、USBメモリなどのデバイスをPCに差すと画面右下の方に表示されるので、ソフト上で操作して書き出すだけです。
是非ご活用ください。


以上、意外と調べてもわかりやすくまとめてあるようなサイトが見つからなかったので、これからDJを始めてみようかな〜と思っている方向けに書いてみました。
最初はめんどくさいと思うかもしれませんが、ある程度しっかり準備するのとしないのでは、本番でも練習でも快適さが段違いです。
是非ともお時間ある時にトライしてみてくださいませ。

次回Spincoaster DJ部はもう明日になってしまいましたが、皆さまのご来店/ご入部を、Spincoaster Music Barにて心よりお待ちしております〜。

PS.余談ですが、こういう手元が見えるDJプレイ動画とかも参考になると思います(私もよく観てます)。

SXSW2016(Music)に参加してきました

IMG_4686

毎年テキサス州オースティンで開催されるSXSW(サウスバイサウスウェスト)に参加してきました。インタラクティブ(IT)、フィルム(映像)、ミュージックが同時に開催されるフェスで、国内ではインタラクティブメインで参加されている方が多いですが自分はミュージックメインで参加しています。

今年は、4回目の参加だったというのとSpincoasterとして取材で入れたことで例年以上にSXSWを満喫できました。SXSW Music全体を通して感じたこととしては、海外の主要音楽メディアである以下のメディア、

Pitchfork(SAMSUNG協賛)

Pitchfork_Media_Logo.svg

Stereogum(BUD LIGHT協賛)

tumblr_inline_mxnxuela8P1r3j6b4

Hypemachine(MAZDAスポンサー)

kks-ad-hypem

KCRW(ROK MOBILE主催)

2915822937b31ac31bbf5451a96a15ce_400x400

それぞれが独自のキュレーション力を軸に、知名度というよりはホットな新人アーティストを積極的に起用することで、協賛企業やスポンサーのプロモーションやブランディングを行っているのを間近でみて、Spincoasterとしても国内外でそういった役割を担っていけるのではないかと改めて考えるきっかけになりました。

海外主要音楽アプリである、
Spotifyが主催するSpotify HouseではShake Shack(最近日本にも上陸した人気ハンバーガーショップ)を出店。

Cdr8EtnWwAIOrcJ

(※Shake ShackのオフィシャルTwitterの投稿画像。)

Pandoraが主催するPandora Houseでは寛ぎスペースを完備し巨大チェスや芝生ボーリングなどアウトドアでのゲームも充実。

IMG_4456

音楽イベント会場で、食やエンターテインメントでアプローチしているのも今まで以上に目立ってきました。大手企業のプロモーションも徐々にWEBやテレビなどの広告だけでなく、リアルイベントにも力を入れてきているのをより実感しました。

音楽ライブに関しては、期間中に約30アーティストほどを観てきたのですが、ベストアクトはこのような感じでした。「歌唱部門」「パフォーマンス部門」「DJ部門」にもフォーカスして選んでみました。とにかく下記に掲載の2つの動画だけは必ず観て頂きたいです。

◼︎ベストアクト TOP10
1位 Jack Garratt
※フジロック2016で出演予定

2位 Låpsley
※4月に行われるHostess Club presents Sunday Specialに出演予定

3位 Charli XCX + Sophie
4位 Jamie xx
5位 SBTRKT
6位 水曜日のカンパネラ
7位 HÆLOS
8位 Sunflower Bean
9位 CHVRCHES
10位 XYLØ

◼︎歌唱部門BEST3
1st Låpsley
2nd XYLØ
3rd CHVRCHES

◼︎パフォーマンス部門BEST3
1st Peaches
2nd 水曜日のカンパネラ
3rd Seiho

◼︎DJ部門BEST3
1st Jamie xx
2nd SBTRKT
3rd Richie Hawtin

◆SXSWでの日程
・3/15
AlunaGeorge→ Dee Dee from Dum Dum Girls(DJ Set)→ De De Mouse→ Anamanaguchi→ 水曜日のカンパネラ→ Jack Garratt→ Riche Hawtin

・3/16
White Denim→ Declan Makenna→ Lapsley→ 8KVR映像(サカナクション)取材(※記事はこちらを参照)→ Brothers In Law→ Lusts→ Haelos→ Tiga→ Peaches→ Chairlift→ AlunaGeorge

・3/17
Sunflower Bean→ DJ paypal→ Empress Of→ XYLØ→ Desi Valentine→ Jack Garratt→ Charli XCX + SOPHIE

・3/18
Jack Garratt→ CHVRCHES→ Chairlift→ Dawn→ Neon Indian→ Wolfmother→ Qrion→ Tempalay→ Sphynx→ Jamie xx → SBTRKT

・3/19
Sunflower Bean→ Music Expo視察→ Waterloo Record(レコードの買い物)→ SXSW最大のステージOutdoor Stage視察→ Seiho