ハイレゾ・アナログミュージックBARのクラウドファンディングがスタートします!

自分が関わっている音楽メディアSpincoasterが世界初のハイレゾ・アナログレコードミュージックBARのクラウドファンディングがスタートします。BARの概要やクラウドファンディングの詳細は下記の2ページをご覧ください。

少しでも「楽しそう!」とか「行ってみたい!」と思っていただいたけたなら、ぜひご支援や拡散にご協力いただければと思います。

ここからは個人的な想いを少し。

僕はこのSpincoasterという音楽メディアが場所を持つことで生まれる、新しい可能性にとてもワクワクしています。

音楽メディアとは
=音楽とアーティストとリスナーをつなげるものだと思っています。
それは単に音楽をリスナーに届けるだけでなく、

アーティスト×アーティストの時もあれば、
リスナー×リスナーの時もあれば、
音楽×アーティストの時もあります。

音楽シーンを作るのリスナーであり、音楽をつくるのはアーティスト。
そして、それらをつなげるのが音楽メディアの役割。

そのために、絶対に必要になってくるのは「リアルな場所を持つこと」だとSpincoasterがスタートした時からずっと考えていました。
(当時はハイレゾを導入するとか、こんなに早く実現に向けて動き出すなんて全く思っていませんでしたが…)

自由に使える場所があると本当になんでもできます。
ほんの一例ですが

  • ライブイベント
  • インタビューやトークショー
  • パーティ
  • 上映会やライブビューイング
  • 新曲試聴会
  • 交流イベント
  • ハッカソン
  • 番組制作
  • レコーディング
  • ストリーミング配信…etc

アイデア次第でそれぞれのつなぎ方は無限にあって。
そして、面と向かって一緒に空間を作る上げることで強度のあるつながりが生れます。

このBARをアーティストと音楽ファンと音楽メディアの新しい遊びと実験の場にしたいと思っています。そして、この空間から生まれる全てのモノが音楽と音楽メディアの可能性そのものだと本気で思っています。

この空間においてはアーティストとリスナーが完全にフラットな関係で、かつ、誰もがふらっと(笑)足を運んでしまうような空間にしたいと思っています。

そして、毎回そこにいる全ての人たちで一つの空気が創りあげられる。
流す音楽、飲むお酒、居合わせた人、生まれる会話…どれもが替えのきかない、一度限りのフリーセッションのような。

そういったものが毎日生まれる空間なったら本当に最高だと思います。
ぜひ、音楽好きのみなさんと楽しいグルーヴを一緒につくりましょう!

クラウドファンディングのページはこちら
picture_pc_2146dcad8a166666fea358b61ec58064