サカナクション 山口一郎さんのインタビューについて

先日、Spincoasterでサカナクションの山口一郎さんにインタビューを行いました。彼の思考の深さや、ストイックさがよく分かるインタビューになったと思うので、リスナーもミュージシャンも、業界の方も音楽に関わる全ての人に一度、読んでもらえたらと思っています。

【Special Interview】山口一郎(サカナクション)から見る、2015年の音楽と音楽のこれから

2009年のシンシロが出た時に鹿野さんのインタビューを読んでサカナクションは日本の音楽シーンの希望だと確信して、以来、その動向を追い続けていた僕にとって、とても意味のあるインタビューになりました。

実際にインタビューをしてみて思ったことは、山口さんの考え方はあれから全くブレていないなということ。日本の音楽シーンを本気でなんとかしたいと、ずーっと考えているんだと感じました。特に最後の発言からはとても大きな問題意識を抱えていいることが伺えました。

“現状そういうミュージシャンが、どんどんインディーズになっていて、音楽を発信できる場所がフェス以外の場所になっていって、どんどん美しい音楽がアナーキーな存在になっていっている。そういう美しいものがアナーキーになっていくことって文化の衰退につながっていく気がするんです。で、それをなんとか救い上げなきゃいけないのがメディア側のハズなのに、メディア側からはそういう気配が見えなくて。それはフェスがビジネスとして成功しているから仕方のないことなんですけど。”

Spincoasterが音楽メディアとして、この問題に対してなにができるか?ということを考えた時に、山口さんが言う「探す音楽」はひとつのカギになるんじゃないかと思いました。

Spincoasterはメディアはキュレーターが「探した音楽」を紹介するメディアであり、いつも読んでくれている人は音楽を探している人たちであり、プッシュするアーティストはみんな音楽への探究心に溢れているアーティストばかりです。そして、きっと山口さん以外にもこの現状に同じように問題意識を抱えた、シーンの最前線にいるアーティストはたくさんいると思います。

僕らができることは、彼らを繋いで行くことなんじゃないかなと。Spincoasterはこれまでは、これからブレイクするアーティストを中心にメディアとして活動をしていました。しかし、そこだけではなく、既に最前線にいるアーティストも巻き込んで「探す音楽」を求める人たち繋がっていくことで、これまでにはなかったシーンができあがってくるかもしれない。そんな気がしています。

そのためにも今、Spincoasterに一番必要なものは影響力と資本力かな…

アナログレコードの販売開始&新看板を設置

ご無沙汰しております林です。

今回2つのご報告があり更新させて頂きました。

①アナログレコードの販売をスタート

12144709_10153358509799440_5958192731253907248_n

Spincoaster Music Barでアナログレコードの販売(厳選した新作のみの扱い)を開始しました。
今回取り揃えた2枚はどちらもすぐに入手困難になるかと思われますので、こちらで試聴して頂き気に入りましたらお早めにどうぞ!

◆関西発のドリーミーポップバンド
Other Too Pure Songs / Twilight e.p. / 7″
(10/18リリースの新作、限定300枚のレア盤)
http://spincoaster.com/other-too-pure-songs-sunday

◆東京を拠点に活動する先鋭的バンド
moscow club / CELINE / 7″
(9月末にリリースしレーベルの在庫も残りわずかの人気作品)
http://spincoaster.com/moscow-club-celine

◆住所
東京都渋谷区代々木2-26-2桑野ビル1-C
(新宿駅サザンテラス口から徒歩5分、代々木駅北口から徒歩4分)

◆取り置き
info@spincoaster.com
もしくは、
06-6300-9211

②Spincoaster Music Barの新たな看板を設置

Evernote Camera Roll 20151020 204811

企画〜制作まで長い期間をかけてオーダーメイドで作りました。
レコード風デザインの部分にはハイレゾロゴ(許可済)がしっかりとプリントされています。
看板には、以下のようなメッセージも記載しました。

==============================
ハイレゾとアナログレコードを体感できるミュージックBAR

アナログ時代の温もりのある太い音が特徴のレコード
デジタル時代の繊細でクリアな音が特徴のハイレゾ
お客様にそれぞれが持つ音の豊かさを身体で体感して頂き
気持ちよくコミュニケーションを楽しんで頂きたくこの場所を作りました
新たな音楽、人との出逢いが次々と生まれる場所にしたいと思います
皆様のご来店をスタッフ一同、心より楽しみにしております
==============================

是非皆さんのご来店をお待ちしております。
http://bar.spincoaster.com/

SPIN.DISOCVERY -Vol.03- ありがとうございました!!!

昨日、Spincoaster主催イベントSPIN.DISCOVERY -VOl.03- が無事終了しました。

まずは、ご来場いただいたみなさん、出演いただいたアーティストとスタッフのみなさん、DJをしていただいたJUKEBOXのみなさん、星原さん、タイラさん、VJをしていただいたDEJAMAISのお二方、カメラマンの石崎さん、THISTIME RECORDSのみなさん、会場のClub Asiaのスタッフのみなさん、本当にありがとうございました!!

トップバッターのLucky KilimanjaroからラストのSeihoまでたくさんのお客さんに様々な音楽を楽しんでいただき、ヘッドライナーのNortonも大盛り上がりを見せてくれました。

このClub Asiaという会場はキャパシティは大きくないものの、メインフロアのサウンドシステムや演出は大きなステージをイメージさせてくれるのにピッタリな会場だと改めて感じました。

どのアクトもこれからの可能性を大いに感じさせてくれる、希望に満ちたパフォーマンスだったのではないでしょうか。

ジャンルやシーン・知名度を飛び越えて、様々なアーティストをブッキングしてイベントを成立させることの難しさを感じながらも、昨日は特定のアーティストのファンの方と言うよりもとにかく音楽が好きな方、音楽への好奇心に満ち溢れた方に、数多くお越しいただけたような気がします。

唯一のHIP HOPアクトであるJABBA DA HUTT FOOTBALL CLUBがあれだけの盛り上がりを見せたのは、このイベントを象徴するシーンだったように思います。

まだまだ色々と課題はありますが、前回・今回とみなさんの反応を拝見して、少しずつSPIN.DISCOVERYが思い描く、理想に向けての手応えを感じています。

まずは、お越しいただいたみなさんにとって、何か一つでも新しい発見があればこのイベントは成功です。
ぜひ、この日の発見を忘れずに、これからも色々な音楽に触れていただけると嬉しいです。

イベントのレポートやハイライト映像も後日公開予定です。
イベントの余韻もぜひ楽しんで下さい。

まずは、みなさんのここイベントに関するツイートをまとめてみました。
SPIN.DISCOVERY-Vol.03-(2015.10.10)感想まとめ

また、今回気になったアーティストがいたら、改めてこのイベントの関連記事もチェックしてみてくださいね。
SPIN.DISCOVERY -Vol.03-関連記事

改めまして、このイベントに関わっていただいた、全てのみなさん本当にありがとうございました!!

これからもSpincoasterとSPIN.DISCOVERYをよろしくお願い致します。

Spincoaster / Kohei Nojima(SPIN.DISCOVERY Organizer)

IMG_3444