SXSW2016(Music)に参加してきました

IMG_4686

毎年テキサス州オースティンで開催されるSXSW(サウスバイサウスウェスト)に参加してきました。インタラクティブ(IT)、フィルム(映像)、ミュージックが同時に開催されるフェスで、国内ではインタラクティブメインで参加されている方が多いですが自分はミュージックメインで参加しています。

今年は、4回目の参加だったというのとSpincoasterとして取材で入れたことで例年以上にSXSWを満喫できました。SXSW Music全体を通して感じたこととしては、海外の主要音楽メディアである以下のメディア、

Pitchfork(SAMSUNG協賛)

Pitchfork_Media_Logo.svg

Stereogum(BUD LIGHT協賛)

tumblr_inline_mxnxuela8P1r3j6b4

Hypemachine(MAZDAスポンサー)

kks-ad-hypem

KCRW(ROK MOBILE主催)

2915822937b31ac31bbf5451a96a15ce_400x400

それぞれが独自のキュレーション力を軸に、知名度というよりはホットな新人アーティストを積極的に起用することで、協賛企業やスポンサーのプロモーションやブランディングを行っているのを間近でみて、Spincoasterとしても国内外でそういった役割を担っていけるのではないかと改めて考えるきっかけになりました。

海外主要音楽アプリである、
Spotifyが主催するSpotify HouseではShake Shack(最近日本にも上陸した人気ハンバーガーショップ)を出店。

Cdr8EtnWwAIOrcJ

(※Shake ShackのオフィシャルTwitterの投稿画像。)

Pandoraが主催するPandora Houseでは寛ぎスペースを完備し巨大チェスや芝生ボーリングなどアウトドアでのゲームも充実。

IMG_4456

音楽イベント会場で、食やエンターテインメントでアプローチしているのも今まで以上に目立ってきました。大手企業のプロモーションも徐々にWEBやテレビなどの広告だけでなく、リアルイベントにも力を入れてきているのをより実感しました。

音楽ライブに関しては、期間中に約30アーティストほどを観てきたのですが、ベストアクトはこのような感じでした。「歌唱部門」「パフォーマンス部門」「DJ部門」にもフォーカスして選んでみました。とにかく下記に掲載の2つの動画だけは必ず観て頂きたいです。

◼︎ベストアクト TOP10
1位 Jack Garratt
※フジロック2016で出演予定

2位 Låpsley
※4月に行われるHostess Club presents Sunday Specialに出演予定

3位 Charli XCX + Sophie
4位 Jamie xx
5位 SBTRKT
6位 水曜日のカンパネラ
7位 HÆLOS
8位 Sunflower Bean
9位 CHVRCHES
10位 XYLØ

◼︎歌唱部門BEST3
1st Låpsley
2nd XYLØ
3rd CHVRCHES

◼︎パフォーマンス部門BEST3
1st Peaches
2nd 水曜日のカンパネラ
3rd Seiho

◼︎DJ部門BEST3
1st Jamie xx
2nd SBTRKT
3rd Richie Hawtin

◆SXSWでの日程
・3/15
AlunaGeorge→ Dee Dee from Dum Dum Girls(DJ Set)→ De De Mouse→ Anamanaguchi→ 水曜日のカンパネラ→ Jack Garratt→ Riche Hawtin

・3/16
White Denim→ Declan Makenna→ Lapsley→ 8KVR映像(サカナクション)取材(※記事はこちらを参照)→ Brothers In Law→ Lusts→ Haelos→ Tiga→ Peaches→ Chairlift→ AlunaGeorge

・3/17
Sunflower Bean→ DJ paypal→ Empress Of→ XYLØ→ Desi Valentine→ Jack Garratt→ Charli XCX + SOPHIE

・3/18
Jack Garratt→ CHVRCHES→ Chairlift→ Dawn→ Neon Indian→ Wolfmother→ Qrion→ Tempalay→ Sphynx→ Jamie xx → SBTRKT

・3/19
Sunflower Bean→ Music Expo視察→ Waterloo Record(レコードの買い物)→ SXSW最大のステージOutdoor Stage視察→ Seiho