Spincoaster DJ部で有益な練習をするための事前準備について

blogに登場するのは初めてです。こんにちは。
昨年末くらいから話していて、今年になってから本格的に指導したSpincoaster DJ部ですが、おかげさまで結構いい感じに毎回入部(一回でも遊びに来たら永久に部員としてカウントします)してくださるかたが多く、とてもうれしく思っております。

そもそもこのイベントを始めるにあたっての思いというか、狙いというか、は野島さんのポストを見て頂ければと思います。

DJをする人が増えたら音楽シーンの活性化につながると思う3つの理由。
http://blog.spincoaster.com/dj-player/

また、先日行われたSpincoaster Music Barのオープン1周年を祝うパーティー終了後に、強引にSpincoaster DJ部の副部長にした、キュレーターのdeidaku氏がつぶやいたこの完結極まりないツイートこそが、まさしくDJの楽しさです。もう本当に、どんなにカッコつけようと最終的にはやっぱりこれに行き着く気がします。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、本日の投稿では、そろそろ2度目3度目の参加となる部員の方も徐々に現れてきましたので、そろそろ練習するにあたって、各部員さまに合わせた音源の事前準備の方法をご提案した方がよいかな、と思いまして筆を取った次第であります。

もちろん、手ぶらでも問題なくご参加頂けるのですが、より楽しく、そしてより有益な練習をするためには、お好きな音源をCDかUSBメモリに書き出してきてもらえればと思います。
(一応、こちらでもいくつか楽曲を入れたUSBを準備しております)

ただし、使用機材はPioneerのCDJ850、DJM700になりますので、PRO DJ LINK機能(ひとつのUSBデバイスなどを、2台のCDJで同時に読み込める機能)はありません。
なので、USBの場合は同内容のものを2本以上ご準備頂いたほうが、より身になる練習ができるかと思います。

また、ポータブルHDDでも大丈夫なのですが、フォーマットの関係で読み込まないことがあるので、ご注意を。
基本的にはFAT16 / FAT32 / HFS+でフォーマットされたデバイスなら読み込めるらしいです。

もちろんPCでやる人も歓迎です。その場合は当たり前ですがそれぞれ必要なコントローラーやオーディオインターフェースなどの準備をお願い致します。
こちらでも一応DDJ-WeGO3というコントローラーは一台準備しております。

また、それに加えて、それぞれの目標に際して以下の準備をして頂けると当日、よりスムーズにことが運ぶかと思います。


【とにかく基本的な操作を覚えたい】

一曲終わったら次の曲を流す、というように、途切れなく音楽をかけ続けるというスタイルの場合は、特にBPMなどを考慮する必要もないので、とりあえずお好きな楽曲を上記のような媒体でご用意くださいませ。
基礎的な機材の使い方をお教えいたします。

【BPMを合わせて繋ぎたい】

この場合はまず用意する曲のBPMをある程度事前に把握してきてもらわないと、有益な練習ができないかと思います。
「BPMなんてわからねーよ」っていう方は、とりあえず無料のソフトであるScratch Live、もしくはSerato DJというソフトを使って、iTunesライブラリの曲のBPMを解析&書き込んでくれる方法がお手軽でオススメです。詳しくは下記URLの記事がとてもわかりやすいかと思います。

http://macwin.org/mac/scratch-live/

※iTunesライブラリが数万曲ある人は自動同期にさせるとソフトが落ちることがある(実体験)ので、手動同期で、少しづつやったほうが賢明です。
(数百曲ずつ解析させて終わったらソフト内から削除→また数百曲くらい同期、解析させて終わったらまた削除……というように)

※リンク先にも明記してある通り、特殊文字(MØの「Ø」とかBeyoncéの「é」とか)は文字化けする可能性があるので、そこだけ注意を(あくまで文字化けするだけでファイル自体には何も影響ありません)

【さらに上を(特にUSBを使おうと思ってる方向け)】

そもそも私も別にたいして上手くないわけで、上を目指す人にはもうただただ「頑張れ!」って言うしかないのですが、意外と知らない人も多いrekordboxのことだけ少し(知ってる人は流してください)。

PioneerDJが出してる無料ソフト(最近プレイヤー機能が付いて、それは有料)なのですが、こちらのソフトを経由してUSBメモリなどに書き込み、現場で対応してる機種のCDJに読み込ませると、BPMや波形の解析&表示が一瞬だったり、自動でアーティストごと、アルバムごとでフォルダを作ってくれます。
その他にもキュー/ループ・ポイントを事前に設定しておくこともできます(対応機種による)。

https://rekordbox.com/ja/

書き出し方は使ってみればわかると思いますが、rekordboxを立ち上げて、iTunesから楽曲をドラッグ&ドロップなどでぶち込み、USBメモリなどのデバイスをPCに差すと画面右下の方に表示されるので、ソフト上で操作して書き出すだけです。
是非ご活用ください。


以上、意外と調べてもわかりやすくまとめてあるようなサイトが見つからなかったので、これからDJを始めてみようかな〜と思っている方向けに書いてみました。
最初はめんどくさいと思うかもしれませんが、ある程度しっかり準備するのとしないのでは、本番でも練習でも快適さが段違いです。
是非ともお時間ある時にトライしてみてくださいませ。

次回Spincoaster DJ部はもう明日になってしまいましたが、皆さまのご来店/ご入部を、Spincoaster Music Barにて心よりお待ちしております〜。

PS.余談ですが、こういう手元が見えるDJプレイ動画とかも参考になると思います(私もよく観てます)。