【レビュー】洗練されたデザイン、ランニングに最適。ワイヤレスイヤホン「sudio VASA BLA」

前回のイヤホン(earin)のレビューがきっかけで、同じくスウェーデン発のイヤホンメーカー「Sudio(スーディオ)」から発売された「sudio VASA BLA」を提供いただいたので、こちらのレビューも書こうと思います。

「sudio VASA BLA」は、ワイヤレスイヤホンなので当然イヤホンジャックはなく、左右のイヤホンはコードで繋がれているのが特徴です。

仕様は以下の通り。

======================================
▼ドライバ
形式: 10,2 mm口径 ダイナミックスピーカー
出力音圧レベル: 112 dB SPL @ 1 kHz
インピーダンス: 32 Ω @ 1kHz
※再生周波数帯域: 18 Hz – 23 kHz

▼仕様スペック
ハウジング: 複合素材・アルミニウム
仕上げ: ハイポリッシュメタルパーツ
形式: カナル型, Bluetooth 4.1
重量: 14 グラム(ハウジング)
有効範囲: 約10m
バッテリー稼働時間: 最長8時間(使用時), 10日(スタンバイ状態)
充電所要時間: 10分(クイック充電)・120分(フル充電)
======================================

音質を確認する際に特に注目したいのが「再生周波数帯域」という項目。
スピーカーやイヤホンを選ぶ際にはとても参考になる数値なので、もし知らないという方は是非この機会に覚えて頂くと良いと思います。

「再生周波数帯域」を一言で説明すると、「再生できる周波数(音域)」のことで、例えば、再生周波数帯域:18Hz-23kHzの場合、低音は18Hzまで、高音は23kHzまでという意味です。この値の幅が広ければ広いほど、性能が良いと言えます。

以前紹介したワイヤレスイヤホンearin(このイヤホンは左右のコードさえもないので使い勝手は圧倒的に良いです。)では、
再生周波数帯域:20Hz-20kHz
だったので、低音も高音もearinと比べると広い音域が出るイヤホンということが分かります。

以下に、個人的な視点で注目したところや考えたことなどをまとめてみました。

◆sudio VASA BLAの主な仕様について
機能はワイヤレスというところ以外、正直そんなに目立ったところはないのですが、なんといってもデザインが洗練されていてかっこいい。左右がコードで繋がれているため、例えばランニング前後の音楽を聴いていない時には、首にぶら下げておけるというのは便利だと思いました。

◆Bluetooth接続について
ペアリングボタンを押してからの反応がいまいち良くなかったので、改善が必要だと思いました。

◆装着感について
いわゆるスタンダードなシリコンのイヤーピースなので、特に違和感なく使用できます。

◆音質について
高音と低音に若干物足りなさを感じるものの、1万円代で購入できるワイヤレスイヤホンの中では圧倒的にコスパが高いと思いました。

◆最後に
洗練されたデザインの良さと、コスパの良さが特徴だと思います。ランニング時に使用するのが一番オススメです。

【ディスカウントコード】
このブログの読者の方限定のディスカウントコードを発行頂きました。
Sudio公式サイトで15%オフでご購入いただけます。(なお、送料は世界どこでも無料です)
コード: spincoaster15 
http://www.sudiosweden.com/jp/earphones/