サカナクション 山口一郎さんのインタビューについて

先日、Spincoasterでサカナクションの山口一郎さんにインタビューを行いました。彼の思考の深さや、ストイックさがよく分かるインタビューになったと思うので、リスナーもミュージシャンも、業界の方も音楽に関わる全ての人に一度、読んでもらえたらと思っています。

【Special Interview】山口一郎(サカナクション)から見る、2015年の音楽と音楽のこれから

2009年のシンシロが出た時に鹿野さんのインタビューを読んでサカナクションは日本の音楽シーンの希望だと確信して、以来、その動向を追い続けていた僕にとって、とても意味のあるインタビューになりました。

実際にインタビューをしてみて思ったことは、山口さんの考え方はあれから全くブレていないなということ。日本の音楽シーンを本気でなんとかしたいと、ずーっと考えているんだと感じました。特に最後の発言からはとても大きな問題意識を抱えていいることが伺えました。

“現状そういうミュージシャンが、どんどんインディーズになっていて、音楽を発信できる場所がフェス以外の場所になっていって、どんどん美しい音楽がアナーキーな存在になっていっている。そういう美しいものがアナーキーになっていくことって文化の衰退につながっていく気がするんです。で、それをなんとか救い上げなきゃいけないのがメディア側のハズなのに、メディア側からはそういう気配が見えなくて。それはフェスがビジネスとして成功しているから仕方のないことなんですけど。”

Spincoasterが音楽メディアとして、この問題に対してなにができるか?ということを考えた時に、山口さんが言う「探す音楽」はひとつのカギになるんじゃないかと思いました。

Spincoasterはメディアはキュレーターが「探した音楽」を紹介するメディアであり、いつも読んでくれている人は音楽を探している人たちであり、プッシュするアーティストはみんな音楽への探究心に溢れているアーティストばかりです。そして、きっと山口さん以外にもこの現状に同じように問題意識を抱えた、シーンの最前線にいるアーティストはたくさんいると思います。

僕らができることは、彼らを繋いで行くことなんじゃないかなと。Spincoasterはこれまでは、これからブレイクするアーティストを中心にメディアとして活動をしていました。しかし、そこだけではなく、既に最前線にいるアーティストも巻き込んで「探す音楽」を求める人たち繋がっていくことで、これまでにはなかったシーンができあがってくるかもしれない。そんな気がしています。

そのためにも今、Spincoasterに一番必要なものは影響力と資本力かな…

SPIN.DISOCVERY -Vol.03- ありがとうございました!!!

昨日、Spincoaster主催イベントSPIN.DISCOVERY -VOl.03- が無事終了しました。

まずは、ご来場いただいたみなさん、出演いただいたアーティストとスタッフのみなさん、DJをしていただいたJUKEBOXのみなさん、星原さん、タイラさん、VJをしていただいたDEJAMAISのお二方、カメラマンの石崎さん、THISTIME RECORDSのみなさん、会場のClub Asiaのスタッフのみなさん、本当にありがとうございました!!

トップバッターのLucky KilimanjaroからラストのSeihoまでたくさんのお客さんに様々な音楽を楽しんでいただき、ヘッドライナーのNortonも大盛り上がりを見せてくれました。

このClub Asiaという会場はキャパシティは大きくないものの、メインフロアのサウンドシステムや演出は大きなステージをイメージさせてくれるのにピッタリな会場だと改めて感じました。

どのアクトもこれからの可能性を大いに感じさせてくれる、希望に満ちたパフォーマンスだったのではないでしょうか。

ジャンルやシーン・知名度を飛び越えて、様々なアーティストをブッキングしてイベントを成立させることの難しさを感じながらも、昨日は特定のアーティストのファンの方と言うよりもとにかく音楽が好きな方、音楽への好奇心に満ち溢れた方に、数多くお越しいただけたような気がします。

唯一のHIP HOPアクトであるJABBA DA HUTT FOOTBALL CLUBがあれだけの盛り上がりを見せたのは、このイベントを象徴するシーンだったように思います。

まだまだ色々と課題はありますが、前回・今回とみなさんの反応を拝見して、少しずつSPIN.DISCOVERYが思い描く、理想に向けての手応えを感じています。

まずは、お越しいただいたみなさんにとって、何か一つでも新しい発見があればこのイベントは成功です。
ぜひ、この日の発見を忘れずに、これからも色々な音楽に触れていただけると嬉しいです。

イベントのレポートやハイライト映像も後日公開予定です。
イベントの余韻もぜひ楽しんで下さい。

まずは、みなさんのここイベントに関するツイートをまとめてみました。
SPIN.DISCOVERY-Vol.03-(2015.10.10)感想まとめ

また、今回気になったアーティストがいたら、改めてこのイベントの関連記事もチェックしてみてくださいね。
SPIN.DISCOVERY -Vol.03-関連記事

改めまして、このイベントに関わっていただいた、全てのみなさん本当にありがとうございました!!

これからもSpincoasterとSPIN.DISCOVERYをよろしくお願い致します。

Spincoaster / Kohei Nojima(SPIN.DISCOVERY Organizer)

IMG_3444

SPIN.DISCOVERY -Vol.03-について

10/10(土)Club AsiaにてSPIN.DISCOVERY -Vol.03-を開催します。
このイベントはSpincoasterが注目するバンドをブッキングし、文字通り「発見」をテーマに行う音楽イベントです。
前回はイベントとしては本当に最高の雰囲気で幕を閉じることができました。
前回の様子

今年は自分がずっとライブを見たかったバンド「Norton」をポルトガルから呼ぶことができました。PhoenixやTDCC等海外のインディー・ロック好きも国内のギターロック好きの方にもきっと気に入ってもらえるバンドだと思います。

国内勢の出演者は以下の9組です。
KiWi
JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB
Seiho
Tomggg
PAELLAS
Lucky Kilimanjaro
ラブリーサマーちゃん
WONDERVER
yule

出演者の知名度も音楽のジャンルもかなり多岐にわたります。我々が「素晴らしい」「売れて欲しい」「みんなに知ってほしい」そう思う一心でブッキングしています。

Seihoのようなフジロックやサマソニに出るようなアーティストもいますが、10組中3、4組知っていたらけっこう音楽に詳しい方。大半の人は「自分が知っているアーティストが何組いるか?」それでイベントに行くかどうかを決めていると思います。しかし、出演者もお客さんも一定の層にいる人たちだけを集めて、チケットも売れて楽しかったね!では僕たちが行うイベントとしてやる意味はあまりはないと思っています。これは、興業ではありません。

前回来場していただい方の中に、「まさに!」という内容の感想をツイートしてくれた方がいました。

この方が後にSpincoaster Music Barの設計をしてくれた方なんですが(笑)

出演アーティストは様々ですが、完全にバラバラではなく、アーティストの繋がりや文脈を意識してブッキングをしています。(なので全体のバランスを考えながら慎重にブッキングをしていたら、告知が直前となってしまいました。。)

音源を聴いて「良い!」と思ったら、他にも気に入るアーティストが必ずいると思います。

このイベントはライブ回数が1回しかないバンドや、今年活動を初めたアーティスト、関西でしかライブをしたことのないアーティストでも積極的にブッキングし、推し出して行きます。ですので、事前にメディアでアーティストの紹介をしたり、対談を組んだり、Mixを作ったり、とにかく出演者に興味を持ってもらうため、音源に触れてもらうきっかけをどう作るかを考えて色々と試行錯誤してやっています。

チケット代も3,500円と出来る限り安く設定しました。1つでも多くの記事や音源触れて、1人でも多くの方にこのイベントに足を運んで欲しいと思っています。そしてこの企画を通じて、1つでも多くの発見や共有が生まれたら、それは出演するアーティストにとっても僕たちにとってもこの上ない喜びです。

それでは10/10渋谷Club Asiaでお待ちしております。

必ず新しい発見があることをお約束します。

みなさんの音楽への好奇心がいつまでも消えないように。

Spincoaster Kohei Nojima

SPIN.DISCOVERY 特集記事一覧

出演アーティスト プレイリスト

チケットは イープラスもしくはSpincoaster Music Barで販売中です。Spincoaster Music Barでチケットを買うとドリンクが付いてきます。

Bar購入特典

10/10(Sat)SPIN.DISCOVERY -Vol.03-


【開催場所】渋谷 Club Asia(渋谷区円山町1-8)
【OPEN/START】14:30/15:00
【チケット料金】前売り¥3,500 (1Drink別途) / 当日¥4,000 (1Drink別途)
【プレイガイド】 イープラス / Spincoaster Music Barにて発売中
【主催&企画制作】株式会社Spincoaster
【招聘】THSITIME RECORDS
【公式サイト】 http://discovery.spincoaster.com/vol-03
【お問い合わせ先】info@spincoaster.com

ハイレゾが聴けるBARであることの意味

クラウドファンディングがスタートしてから色々な方に様々な反応をいただけて本当に嬉しく思います。ありがとうございます。

このBARをより良い空間にするために、もっとたくさんのご意見やご支援をいただけると本当に嬉しいです。引き続き応援の程をよろしくお願いします。

みなさんの反応を踏まえて、ハイレゾが聴けるBARである意味の個人的な考えを述べさせていただきます。
READ MORE

ハイレゾ・アナログミュージックBARのクラウドファンディングがスタートします!

自分が関わっている音楽メディアSpincoasterが世界初のハイレゾ・アナログレコードミュージックBARのクラウドファンディングがスタートします。BARの概要やクラウドファンディングの詳細は下記の2ページをご覧ください。

少しでも「楽しそう!」とか「行ってみたい!」と思っていただいたけたなら、ぜひご支援や拡散にご協力いただければと思います。

ここからは個人的な想いを少し。
READ MORE