Spincoaster Music Barで起きた、素敵なお話

「音楽を通じて人生を豊かに」

これが株式会社Spincoasterの掲げる企業理念です。
音楽リスナー、アーティスト、音楽業界関係の方、もちろんスタッフも含め、Spincoasterに関わる全ての方の人生を音楽を通して少しでもハッピーにして行けたらと考えています。

Spincoaster Music Barも音楽を通じたコミュニケーションの場としてオープンさせた訳ですが、その最たる出来事が昨日、起こりましたので、ぜひご紹介させていただきたく。


話の始まりはSpincoaster Music Barがオープンして間もなく、2015年の4月に戻ります。
世界初のハイレゾとアナログレコードが聴けるミュージックバーとしてSpincoasterの読者の方々もオープンして間もなく、続々とお店を訪れてくれました。

その中で、ちょうど僕が店頭に立っている時に、若い男性と女性がいらっしゃいました。

どうも予てSNSでは交流のあった、お二人がお店のオープンをきっかけに、初めましてでご来店いただいたようです。
もちろん2人の会話は音楽に纏わる話ばかり。カウンターに立っていた私は、ここぞとばかりに会話から断片的に聴こえてくるアーティストの名前を元に音楽をかけまくりました。
Spincoasterの読者の方ということもあり、tofubeatsやcero、Yogee New Waves、シャムキャッツ、LUCKY TAPESなど一番得意とする音楽でした(笑)

お二人の会話を奪ってしまったような気もしないこともなかったですが、それくらいが初めましての二人にはちょうどよかったのかも知れません。とにかく、大いに意気投合されたようでして、楽しそうにお帰りになられました。

それから1年経った、2016年の4月に同じお二人でお店にいらっしゃいました。

「あれを期に出逢ってお付き合いをはじめて。今日が出逢った日からちょうど1年なんです。」と、彼女さんからご報告を受けました。
(実は僕は下北沢サウンドクルージングでお二人の姿を見かけたのでなんとなくそんな気はしていたのですが。笑)

めちゃくちゃ羨ま..素敵な出来事がおこった訳ですが、話はここで終わりませんでした。

昨日、またお二人がお店にいらっしゃいました。カウンターにご案内しました。
彼氏はプレゼントと言って、オリジナルのレコードと共になんと彼女にプロポーズをされました。

cs_happy
img_6126

ジャケットはShiggy Jr.のシングルのイラストを手がける”CHIHARU NIKAIDO”さんにお願いして、裏面はなんと当店の写真!
もちろん、お二人の想い出の曲がレコードの溝には刻まれています。(すごい完成度!)

Spincoasterがお二人の一番の想い出の場所となれたことに感激しました。

我々もここぞとばかりにPUNPEEの「お嫁においでよ 2015」や小沢健二の「ラブリー」ENJOY MUSIC CLUBの「BIG LOVE」などBGMで細やかながら祝福させていただきました。

さすがにプロポーズのことは事前に知っていたのですが、プロポーズに立ち会うのは始めての経験でしたし、我々もかなり緊張しました(笑)

お二人には末永く音楽に溢れた楽しい家庭を築いていただければと思います。

そして、今後もSpincoaster Music Barがこういったきっかけ作りにも貢献していければと思います。

img_7465