『TYPICA』のキャッチコピー「音楽が好きだから」に込められた意味

Spincoasterからリリースしました、音楽情報ポータルアプリ『TYPICA』。

App Storeのオススメアプリにも選ばれ、公開から3週間で1万DLを越えました。
各所から色々と反応をいただき、有り難い限りです。これからもっと使いやすく、便利にアップデートされていきます。

多分、今後TYPICAについて色々とブログが更新されるかと思いますので、ぜひアプリでブログの更新もチェックしてください。
TYPICA公式サイト

今回は私からTYPICAリリース時におけるキャッチコピーについて、ブログを書いた次第です。

typica_pv_thumb-1

“音楽が好きだから”

正直ここのキャッチコピーはめちゃくちゃ揉めました。ストレートで、抽象的で、ちょっとこっ恥ずかしい感じもありますが、あえてこの言葉を選びました。

まずはこのアプリが誰のためにあるのかを説明しなくてはなりません。

私たちがTYPICAでハッピーにしたい人たちと言うのは、音楽情報の収集や音楽を探しているような音楽リスナーだけではありません。

アーティスト、アーティストを支えるスタッフ、音楽メディアの人、ブロガー、イベンター、ライブハウス、小売店…大きく言ってしまうと音楽に関わるすべての人達をハッピーにしたい。そんな想いで開発し、今後もアップデートしていきます。

・メディアやブログの記事が、1人でも多くの人に届くこと。そしてメディアの読者が増えること。
・素晴らしい音楽を作っているアーティストの音楽が多くの人、影響力のある人に発見されやすくなること、そして広がり、売れていくこと。
・TYPICAきっかけでイベントがあることを知ったり、イベントに興味を持って足を運ぶ人が増えること。

….などなど、挙げれば切りはないのですが、特にメディアやブログに対しては本当に思うところがありまして。(2年前のTHIS TIMEの藤澤氏とLUCKY TAPESの対談記事と合わせて読んでいただくとより分かるかと思います。)

この記事にもある通り、この数年で本当に国内の音楽ブログが減ってしまいました。本文にある通り「反応がない」ことが、ブログを書く人のモチベーションを維持することを難しくしているのだと思います。

私もメディアを運営している立場なので良くわかります。自分の書いた記事が多くの人に読まれたり、何か一言もらえるだけでめちゃくちゃ嬉しい。逆に何も無ければ、「一体誰のために書いたんだろう?」と無力感でいっぱいになります。SNSで情報は発信・拡散されやすくなりましたが、情報源が多岐に渡り、受け手が捌ききれず、結果素通りしてしまう。そんな感じだと思います。

さらに個人ブログになると母数も少なくなり、読んでくれる読者の数というのは本当に限定的になってしまいます。そんな中でも今尚、ブログを続けるモチベーションってどこから来るのでしょうか……?

ここでキャッチコピーに繋がります。
みなさん、きっと“音楽が好きだから”だと思うんです。

そして、この気持ってブロガーさんだけじゃなくて、音楽に関わる全ての人達にとって一番根本にあるものじゃないかなって。

アーティストだって、音楽業界で働く人達だって、お金のためだけならもっと割の良い仕事や働き方があるはずです。赤字を出してでもイベントを続けるイベンターだって知っています。

リスナーだってそう。今やCDを買ったり、音楽にお金を払う人は珍しいと言われる時代。ライブ行きすぎて金欠になって困っている人もいっぱいいます。

何を言われようが、苦労しようが、みんな音楽が好きだから仕方ないんです。もちろんTYPICAを開発した我々も例外ではありません。単にビジネス目的だけでアプリを作るなら、もっと良い方法があると思います(笑)

という訳で、そんな音楽と共にある人たちの力になりたい、そんな人達をどんどん巻き込んで一緒にTYPICAを大きくしたい。そんな想いでこの言葉を選びました。

そしてもう一つ。TYPICAのサイトの”音楽が好きだから”の下にはこんな言葉を添えました。

“みなさんが音楽から離れることなく、もっと音楽が好きになれますように。”

これは私を含めSpincoasterの主要メンバーがみんな今年30歳になったのですが、昔は音楽が好きだった友達も、歳を重ね家族ができ、フェスやライブから足が遠ざかり、どんどん音楽から離れていくという現実を目の当たりにしています。これは本当に寂しいことです。

しかし、話を聞くと、音楽が嫌いになった訳ではなく、仕事や家庭で忙しくなって優先度が下ったり、情報を集める暇がなかったりとか、そういった意見が殆どです。

そういう人にこそ、このアプリを使って欲しいと思っています。毎日このアプリに触れていたら、音楽がもっと好きなったり、音楽がもっと楽しくなったり、音楽から離れにくくなるんじゃないかなって割と本気で思っています。

TYPICAのダウンロードはこちらから↓

typica_b_banner